ブログ

医院ブログ

定期的メインテナンスとは

こんにちは。世田谷区駒沢の駒沢大学付近にある歯医者、駒沢歯科・矯正歯科クリニックです。今日は定期的メインテナンス定期検診)について説明します。

定期的メインテナンス(定期検診)とは歯医者で受けられるプロフェッショナルケアのことです。虫歯や歯周病の原因を調べ診断し、原因を減らして治療したところを守り歯を長持ちさせていきます。

悪くなってからではなく普段から定期的に歯医者に受診していただけると虫歯や歯周病の兆候をチェックし早期に治療することで長期的に患者さんのお口の健康を守っていくことが可能になります。治療が終わったら終わりではなく定期的に歯医者でメンテナンスをすることでお口の中の健康寿命を守っていきます。

定期的なメンテナンスを怠ると次のようなことが考えられます。

次々に虫歯ができるリスクが高なります。虫歯を治療すると虫歯が治ったと言いますが詰め物やかぶせものは失った部分に人工物を詰め補う治療です。

風が治ればまた元気になるとは少し話が違います。虫歯の治療で削った歯は一度削ったら元通りにはならないし、ご自身の歯が減る分歯が弱くなったといえます。だからこそ予防することが大事になってきます。

歯周病が再発するリスクが上がります。歯周病が進行すると歯を支えている骨が溶けて失われ治療してもなかなか元に戻らない病気です。手手ポケットも一旦深くなるとほったらかしにしていては汚れが溜まって炎症が起きやすくなってしまいます。だからこそ歯医者に行き予防することが大事になってきます。

治療の繰り返しを止めることが大事になってきます。

定期的メインテナンスで歯医者で行うこと

定期的なメンテナンスはよくある健康診断とは違い検診と歯科指導とクリーニングが受けられる歯医者独自のシステムです。もちろん保険も適用できます。

まず最後に受診していただいたところからお口の中での変化を問診します。一度お話を伺いお口の状態のチェックに役立てます。

次にプラーク(細菌の塊)の付き具合や歯茎の炎症の有無(細い器具で歯周ポケットの深さや出血を調べます)、はがグラグラしないかなどを調べカルテに記録していきます。時々お口の中の写真を撮り必要に応じてX線検査をします。

歯茎の検査やレントゲン検査等のチェックの結果を説明しアドバイスします。結果が順調ならこの調子でセルフケアを大切にいただくようにお伝えします。心配なところがあるなら磨き残しの減らし方などを患者さんの虫歯や歯周病のなりやすさや生活パターンに合う改善策をアドバイスしていきます。

隅々までクリーニングします。歯に着いたプラークを取り除くだけでなく、歯周ポケットの奥に入り込む歯ブラシでは取れないプラークや色もきれいに掃除します。虫歯菌や歯周病菌が減り次のメンテナンスまで良い状態を保つことができます。

歯科医師が診察をします。歯科衛生士が記録したカルテを確認しお口の中を診察していきます。歯科衛生士がチェックした項目と合わせて噛み合わせや早めに補修するべき治療箇所が車などをお口全体の歯科医師の視点からトータル的に診察します。

何も問題がなければ虫歯予防にフッ素塗布を行います。フッ素塗布は子供向けと思われがちですが歯茎が下がった歯の根元が虫歯になりやすい中高年の方もとても効果的です。フッ素塗布が終わったらメンテナンスは終了となります。