駒沢大学駅徒歩5分の歯医者「駒沢歯科・矯正歯科クリニック」

根管治療

マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)とCTで「見える」根管治療を行います

マイクロスコープ/CTを用いた精密根管治療

世田谷区 駒沢 駒沢歯科•矯正歯科クリニック マイクロスコープ/CTを用いた精密根管治療 歯の神経にまで達する非常に深い虫歯がある、歯が折れている、過去に神経を抜いた部分が膿んでいるなど、さまざまな理由で歯の神経を抜いたり、再び神経を治療したりすることがあります。
治療は「根管治療」といって、歯の根っこの治療を行います。
根管治療は、建物で言えば最も重要な基礎工事です。
どんなにきれいな歯であっても、基礎工事がきちんと行われていなければ、将来的に痛みや再発が出て、やり直しになってしまいます。
安定した歯の状態を長く保つためにも、根管治療はとても重要だと思います。
しかし、歯の根の中は真っ直ぐな穴ではありません。
あちこちに枝があったり、空間があったり、非常に複雑に入り組んだ形をしています。
しかも、歯はとても小さいので、奥歯の光が届かない暗い根っこを治療しなければなりません。
根管治療は、一見とても地味ですが、様々な歯科知識を必要とするとても「難しい」歯科治療なのです。
このような背景から、従来の根の治療は肉眼で行い、術者の経験と勘で「見えない」治療となる部分があります。
しかし、それでは長く安定した治療効果を得ることは非常に困難です。
そこで、ここ20年ほどの間に、この問題を解決するために根管治療が大きく進歩しました。
それは、マイクロスコープと歯科用CTの導入です。

マイクロスコープとは?

世田谷区 駒沢 駒沢歯科•矯正歯科クリニック マイクロスコープマイクロスコープは、1900年代頃から脳外科や眼科の分野に応用され始め、徐々に歯科治療にも応用されるようになりました。
マイクロスコープを使うと、術者が見たい小さな歯の根元に光を通し、20倍以上に拡大した視野で歯の中の状況を把握することができます。
拡大された画像を見ながら、直接治療を行うことができます。
そうすることで、今まで全く見えなかった「根の先の穴はどうなっているのか」「まだ汚れが残っているのか」「汚れが残っているのか」「腐っているのか」ということがはっきりとわかるようになったのです。
マイクロスコープの登場は、根管治療に革命をもたらしたと言っても過言ではありません。鮮明な画像と光を届ける技術が、治療を大きく変えました。
患者さんに興味のある方は、当院で歯の模型を使ってお見せしますので、ぜひマイクロスコープを体験していただきたいと思います。
鮮明な画像に感動していただけると思います。

CTでより精密な治療を実現

マイクロスコープを覗くだけでは、まだ完璧ではありません。
マイクロスコープで歯の内部を鮮明に拡大できたとしても、「曲がった根元に何があるのか」「この壁の向こうに見つからない汚れがあるのか」など。想像するしかありません。
拡大できるからといって闇雲に穴を開け、的確な治療をしてしまうと、歯が弱くなり、場合によっては大きなダメージを受けてしまうこともあります。
そのため、手術前には歯科用CTを撮影します。
二次元の世界だったレントゲンと違い、CTはある部分を全方向から三次元的に見ることができます。
治療する歯の周りの骨の状態はどうか」「治療する歯に目に見えない汚れが残っていないか」「この壁の先に問題があるのではないか」ということが把握でき、ぎりぎりまで治療することができます。
詳細な画像でなければ想像できなかった多くの疑問を解決してくれたり、大きなヒントを与えてくれる、とても便利なツールです。
つまり、歯科用CTは、複雑な歯根の「地図」を治療前に手に入れることができるツールなのです。
特に、レントゲンでは見ることができなかった歯の水平断面図は、根管治療を行う上で大切な情報となります。
このマイクロスコープと歯科用CTの両方を使って複雑な根の内部を治療することで、これまで見えなかった問題や感染源にアプローチすることができ、見える治療が可能になるのです。

最新機器だけで治すのではありません

無菌環境の重要性

一方で、最新の機器を持っているだけでは、根管治療が成功するとは限りません。
治療する歯に新たな細菌を加えることなく、できるだけ無菌状態で行うことが最も重要です。
そのためには、歯にゴムシートを貼り、治療する歯を口の中から切り離すラバーダムという治療法が必要です。
当院では、根管治療以外の様々な治療にラバーダムを使用しています。
ラバーダムは治療する歯を保護し、強力な消毒液や器具が患者さんのお口の中にこぼれたり落ちたりすることがないので、非常に安全に治療を進めることができます。

神経を取ることは絶対悪ではない

歯の神経を取ると歯が弱くなるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、虫歯の進行で腐ってしまった神経や、痛みが治まらない神経を残しておいても、痛みは続きます。
歯の周りの骨に膿が溜まる「根尖性歯周炎」という、より深刻な病気につながるため、取らなければならない神経を除去する必要があるのです。
その時は、歯へのダメージが少ない治療法を選択し、なるべく歯を弱らせないようにして、歯を長持ちさせるようにしています。

あきらめずにご相談ください

世田谷区 駒沢 駒沢歯科•矯正歯科クリニック あきらめずにご相談ください取り外し式部分入れ歯は、少なくとも1本の歯が残っているときに装着する入れ歯です。
このような専門的な知識・技術・設備を用いることで、これまで残すことが難しいとされていた歯を残すことができるようになりました。
腫れを繰り返す、痛みが全くない、他院で抜歯しなければならない、きれいな歯を手に入れたいなど、歯を残すことに関するどんな些細なことでも構いません。
どうぞお気軽にご相談ください。
歯の悩みを解決するお役に立てれば幸いです。

電話する電話する
WEB予約