ブログ

医院ブログ

歯科用CTはどんな時に撮影するの?

こんにちは。世田谷区駒沢の歯医者、駒沢歯科・矯正歯科クリニックです。今日は歯科用CTについて説明いたします。

歯科用CTとはX線撮影装置とコンピューターの処理により撮影したデータを3次元的に診断できる歯科用の装置です。骨や歯の状態を3次元的に見えるようにすることにより正確に高精度に診断できることができます。従来のレントゲン写真では2次元でしか診断することができませんので場合によっては歯科用CTを必要とする場合があります。

歯科用CTは主に次の理由で撮影します。

インプラントをできるかどうかの判断

インプラントは骨の中にインプラント体を打ち込みます。十分な骨の量や厚みがないとインプラントを打つことができません。現在では歯科用CTを撮影することによりインプラントを行う術前にインプラントを埋入するために十分に骨があるかどうかを3次元的に診断することができます。

下顎にインプラントを埋入する際には下歯槽管(下顎にある管で太い神経と太い動脈が通っている管)の上に何ミリの骨があるかがポイントになってきます。下歯槽管とインプラントの距離を2ミリは保たないと安全にインプラントが埋入できません。すなわち10ミリのインプラントを打つためには下歯槽管までの距離が12ミリないといけないと言うことになります。その下歯槽管より上方の骨の厚みを計ったり、骨の幅を測るのにCTが必要になってくると言うわけです。また歯科用CTにはインプラントを打ったときのシュミレーションもできますので安全にインプラントを打つことができます。

近年ではガイデッドサージェリーといってインプラント埋入する際に使うドリルをガイドするプレートを作製してからインプラントを行うのが主流となっています。ガイデッドサージェリーを行うことにより安全にインプラント埋入することができます。歯科用CTで骨の厚み、骨の幅を計測し、どのようにインプラントがご自身の歯と噛み合うのかをシュミレーションするのにも歯科用CTが役立ちます。

上顎に関しては上顎洞と言って息をためる穴が上顎にはあるのですが、その穴とお口の中の間にある骨の厚みがインプラントを打てるかどうかに重要なポイントとなってきます。すなわち10ミリのインプラントを埋入するにはお口の中と上顎洞の間に10ミリの骨の厚みが必要となってきます。近年では骨造成と言って多少骨がなくても人工骨を足すことにより骨の量を多くすることには可能になってきてます。ただ人工骨を足す手術にも術式が何種類かあり、その術式を決定するのにも歯科用CTが必要となってきます。そのためインプラントをするには歯科用CTは必要不可欠だといえます。

親知らずを安全に抜歯できるかどうかの判断

親知らずを安全に抜けるかどうかの判断にもCTを使用します。下顎の親知らずを抜くときに重要なポイントは下歯槽管を親知らずを抜くときに傷つけるリスクが高いどうかが大事になってきます。下顎の親知らずを抜くときはまず2次元のレントゲンで親知らずと下歯槽管の位置を確認します。普通のレントゲンだとどうしても実際の位置関係が分からないので2次元のレントゲンでCTを取る必要があると判断したときはCTを撮影し、さらに正確に親知らずと下歯槽管の場所を確認します。親知らずを安全に抜歯するために歯科用CTは必須となってきます。また親知らずがどの方向に生えているのかをCTにより観察することにより、どの方向に力をかけて良いかがわかるようになります。

難治性の根尖性歯周炎(歯の根っこの病気)の診断

歯のには根管といっていって神経がある空洞が存在します。そして根っこの治療が難しいといわれる理由としてその根管が複雑にいりくんでいるというのがその理由です。歯の根っこの治療この根管の中をきれいにして細菌をなくすのが歯の根っこの治療の目的です。根管はすごく細く肉眼では根っこの入り口しか見えません。根っこの中を見て治療するにはルーペ、マイクロスコープ、レントゲン、CTなどを用いて観察する以外ありません。特に歯科用CTは三次元的に根っこの形、根管の本数、形がよく観察できます。肉眼では根管ね数が3本に見えてもマイクロスコープやCTなどでみると実は4本、5本見つかることも珍しくありません。

歯の破折の診断

歯が破折しているかどうかの診断に歯科用CTを使うことがあります。歯の破折は肉眼ではわかりにくいことも多く診断には歯科用CTやマイクロスコープがよく使います。歯が破折しヒビがはいるとその亀裂から細菌が侵入し、炎症がなおりません。そういった場合は抜歯になります。歯の破折に気づかずそのまま治療をしても痛みがおさまらず延々と根っこの治療を続けてしまう場合があります。そうした場合無駄な治を続け患者様に負担をかけてしまうばかりでなく炎症により歯の周りの骨が溶けてしまい隣の歯を支えている骨まで溶かしてしまう場合があります。歯が破折してしまっている場合は診断を早めに行い抜歯していきます。

歯牙移植ができるかどうかの診断

歯牙移植とは親知らずなどの使わない歯を欠損部(歯がない部位)に移植することです。移植するためには、移植する歯を移植をしたい場所に移植できるだけのスペースがないと移植できません。術前に歯科用CTを撮影することにより移植する歯の大きさや移植したい場所の骨の厚さ、スペースを計測することができます。

このように歯科用CTはいろいろな治療を正確に行うために必要になってきます。